ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ジャパニーズ、スコッチに続き、アイリッシュウイスキーもオークションで高値を更新し続けています

ジャパニーズ、スコッチに続き、アイリッシュウイスキーもオークションで高値を更新し続けています

今、世界中のオークションハウスでアイリッシュウイスキーがかつてない盛り上がりを見せています。

 

先日、「ミドルトン・ベリーレア」の超高級ボトル2本が合計94,000ユーロで落札されました。

 

個人コレクターが出品したこの2本は、3月下旬のオークションで別々に落札され、どちらもアイリッシュウイスキーマニアには評判の高いミドルトン・ベリーレア・サイレントディスティラリーコレクションからのものでした。

 

1本目は、2020年リリースのミドルトン・ベリーレア・サイレントディスティラリーコレクション・チャプター1。

1825年から1975年まで150年間操業した伝説のオールドミドルトン蒸溜所の45年ものというレアボトルです。

落札価格は48,000ユーロ。パブリックオークションにおけるアイリッシュウイスキーの最高値を記録しました。

 

2本目は、2021年リリースのミドルトン・ベリーレア・サイレントディスティラリーコレクション・チャプター2。

1973年にオールドミドルトン蒸溜所の特徴的なスタイルで造られた46年もので、1本目に劣らずレアアイテムです。またしても46,000ユーロという高額で落札されました。

 

ミドルトン・ベリーレアの高値更新伝説はこれが初めてではなく、かつて2020年3月に、チャプター1が42,000ユーロで落札されたことがその始まりでした。

その時から世界一の最高値を更新し続けています。

まさにアイリッシュ界の「ザ・マッカラン」、「山崎」といったところ。

 

アイリッシュ・ウイスキー・オークションの創設者は力強く語ります。

「アイリッシュウイスキーは、今や世界を舞台に超高額で取引されているスコッチや日本のウイスキーに匹敵する魅力があります。よりいっそうの成長と世界中の関心を伸ばすべく、これからも魅力を発信し続けていきます。」

 

ミドルトン・ベリーレア・サイレントディスティラリーコレクションのチャプター3も間もなくリリースされます。

このコレクションは、2020年から2025年まで毎年1本ずつ、すべてオールドミドルトン蒸溜所の45年から50年ものとなる予定です。

最終的にはチャプター6まで計画されており、蒸溜所の200周年を記念した2025年の50年ものでフィナーレを迎えます。

 

ファン垂涎のコレクションはいずれも高額取引が期待されるレアボトルになること間違いなしです。

最近はアイリッシュも怖いくらい高騰してきたので、安ウマボトル探したいなぁ。




「ショットグラスの有用性」とは?

ウイスキーブランドKYKEYの第二弾グラスは「ショットグラス」。その造形美と機能美を確認して欲しい。