ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ワイルドターキーマスターズキープ ワンが新発売、先行発売してるところもあるみたい

ワイルドターキーのマスターズキープシリーズの新作が出ますよ。

このシリーズは安定的にうまいっすね。

ワイルドターキーマスターズキープ ワン

父子マスターディスティラー(蒸留責任者)それぞれが好むふたつの異なるタイプのバーボンをブレンドし、更に特別にトーストをした樽で追加熟成を行うというユニークな製法で造られたウルトラプレミアムバーボン「ワイルドターキー マスターズキープ ワン」 が2022年10月 18日(火)に販売開始です。

ふたつのレガシーを調和してひとつに

ひとつ目のレガシーは、父子マスターディスティラーの父、ジミー・ラッセルによるもの。

彼が普段好んで飲むのは8年から10年の熟成をしたバーボンで、スパイシーさと熟成によるまろやかさという特徴を併せ持つもので、このマスターズキープ ワンのために同じ特徴を持つ9年から10年の熟成原酒を選びました。

ふたつ目のレガシーは、ジミーの息子エディー・ラッセルによるもので、彼が好む14年の熟成スモールバッチ・バーボンを選びました。樽の状態や熟成庫の保管環境により選ばれた樽だけが叶う、超長期熟成がもたらす果樹感と凝縮感のある味わいという特徴を持ちます。

これらの原酒をブレンドすることで、それぞれの個性を引き継ぎながらも新しい香りや味わいを持つバーボンが生まれ、さらにそのバーボンを特別な樽を用いて追加熟成を行なうことで、異なる2つの個性が“ワン”1つになり、類稀な個性を生み出したといいます。

特別にトーストした樽による追加熟成

前述の通り、マスターズキープ ワンはブレンドの後、特別な樽を用いた追加熟成を行っています。

通常のワイルドターキーの熟成に用いられる樽には、アメリカンオークの新樽にチャーと言われる樽の内面を高温の炎を短時間当てて焦がす加工を行ってから原酒が詰められます。

チャーの程度には4つのレベルがあり、ワイルドターキーにはレベル4という最も強く焦がした樽を用いています。

このレベル4は炭化した表面に強く凹凸が現れ、その様がワニの皮に似ていることからアリゲーター・チャーとも呼ばれております。樽の断面には炭化層・ブラウン層・原木層という3種の層が形成されますが、真ん中のブラウン層がバーボンの特徴であるナッツ・バニラ・キャラメル・スパイスなどの香りや味わいをもたらすと言われております。

マスターズキープ ワンに使われる樽には、通常の樽に加えて特別なトースト加工を行っており、はチャーと比べると低温の炎で長時間加熱焼成することでバーボンの特徴が更に際立つことになり、これがマスターズキープ ワンにしかない香りと味わいを生み出します。

おすすめの飲み方はストレートまたはオンザロックで、際立つ味わいや香りの要素とそれらの調和を楽しむことができます。

ワイルドターキーマスターズキープ ワン

テイスティングノート

Aroma(香り)ハチミツにブラウンスパイス(シナモン、クローブ等)のヒント
Palate(味)力強いバニラ、バタースコッチとキャラメル
Finish(余韻)フレッシュで長く続くトーストされたオーク
アルコール%50.5
希望小売価格22,000円
原産国アメリカ合衆国

 

マスターズキープ シリーズとは
毎年異なるテーマの下スモールバッチ・数量限定で生産される、ワイルドターキーのラインナップの中でも最上級に位置づけられるシリーズです。

マスターディスティラー エディー・ラッセル自身がその年のテーマ設定、原酒選びを手掛けており、過去には伝説のバーボンと呼ばれる味を復活させた「リバイバル」(2018)や最高峰のライウイスキー「コーナーストーン」(2019)、ボトルドインボンド法に則って造られ17年もの熟成をした「ボトルドインボンド」(2020)など発売しました。

既に終売していますが、市場に残っている可能性もあります。



ウイスキー好きのみなさま、力を貸しておくれ


BARRELではウイスキーラヴァ―のみなさんの意見を反映しつつ記事を書いていく予定です。
「アンケートくらい答えてやってもいいよー」って方はぜひご協力ください。