ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ソーダストリームデュオは買いか?機能の違いを徹底比較/口コミや評判を調査

オーツカ

ソーダストリームが新製品「DUO(デュオ)」を発表しました!

前作「テラ(TERRA)」から2カ月での新作発表。ラインナップの刷新を図る狙いでしょうか。
デュオは従来のプラスチック製ボトルとガラス製カラフェを併用する斬新なモデル

4月15日よりソーダストリームブランドサイトにて販売開始。目玉機能を見ていきましょう!

ソーダストリームデュオ(DUO)とは?

「デュオ(DUO)」はプラスチック製ボトルでもガラス製カラフェでも炭酸水を作ることができるシーン特化型モデル。

手動モデルで電源要らず、カラフェは直線的なデザインでとてもスタイリッシュです。
カラーはこれまでのシリーズでも人気のホワイト、ブラックの2色展開。

ソーダストリームブランドサイトでは2022年4月15日(金)より販売開始しています。

公式サイトだけの限定特典(保証期間+2年)が見逃せないので、まずは覗いてみることをおすすめします!

\公式ストアで特典もらえる/

機能の特徴

ボトルとカラフェの併用モデル

ソーダストリームデュオのボトルとカラフェ

一番の特徴は2パターンの容器が使って炭酸水を楽しめること。

プラスチック製ボトルと、新たにガラス製カラフェが併用可能となっており、シーンに合わせて自由にボトルを選ぶことができます。

これまで日本のソーダストリームのモデルは、ボトルをマシン上部に差し込んで炭酸水を作るタイプだけでした。
しかし、デュオはシルバーのフラスコ内にカラフェもしくはボトルを入れ、炭酸注入ヘッドを下ろすことで炭酸水を作る仕様となっています。

実はソーダストリームの海外製品で「Crystal(クリスタル)」という「ガラス製カラフェだけを取り付け可能なモデル」があるんですね。
カラフェボトルのスタイリッシュさとSDGs(脱プラスチック)のアクションに繋がるとあって国外市場では人気の商品のようです。

しかし、ユーザーからのリクエストで「これまでのプラスチック製ボトルも変わらず使えるようにしてほしい」という声が多くあがりました。
じゃあ両方つけれるようにしてしまおう!ということでボトル連結部分を改良。

こうして「デュオ」が誕生したというわけです。

シリンダークイックコネクト機能

「テラ(TERRA)」と同じく、「シリンダークイックコネクト(ピンクシリンダー)」を搭載。

ガスシリンダーの交換が、ねじ込み式からワンタッチ式になっており、こちらの使い勝手は「テラ」で実証済み。かなり好評です。

ちなみにこれまでのブルーシリンダー(ねじ込み式シリンダー)は「デュオ」や「テラ」には使用できないので、古いモデルを使用している方は購入時は気を付けましょう。

デュオのシリンダークイックコネクト機能

ねじ込まずにワンタッチでガスシリンダーを取り付けられます。

ボタンはプッシュ式

手動モデルなのでボタンはプッシュ式で、炭酸強度はボタンを押して自分で調整します。

ボタンは凹凸がなくスタイリッシュ。ボタンも大きめでいいですね。

DWS(ディッシュウォッシャーセーフ)ボトル採用

ボトルは「テラ」と同じくDWS(ディッシュウォッシャーセーフ)ボトルを採用、70℃までの食洗器で洗浄可能です。

ガラス製カラフェも同様に食洗器での洗浄が可能です。

メタル式炭酸注入ノズル搭載

メタル式炭酸注入ノズルを搭載しています。これは「ソースシリーズ」にも搭載されていた機能です。

炭酸水を作る際に、炭酸ガスが固体化されボトル内にドライアイスができるのを防いでくれます。

カラーは2種類

カラーはこれまでのシリーズでも人気のホワイト、ブラック、の2色で展開します。

確かにこのデザインにレッドが加わると少しチープなイメージになりますね。価格帯的にも無彩色でクールに仕上げたといったところ。

公式サイト特典がすごい

最大のメリット「保証4年」

「ソーダストリームを最初に買う時は公式サイトが一番お得!」と伝え続けて久しいですが、今回の「デュオ」も公式サイト限定の大規模特典があります。

それは製品保証が最長4年になるということ。

「テラ」にもついてきたこの4年保証ですが、これかなりすごいです。

日本国内の全炭酸水メーカー最長の保証は、交換されたら利益度外視レベル。製品に相当自信があるんだと思います。

通常、ソーダストリームの製品保証期間は2年間でしたが、「デュオ」を購入した方で、公式サイトで「会員登録」をすると保証期間がさらに+2年間延長されるという仕組み。

ソーダストリームブランドサイトで既に「会員登録」をされている方は 自動的に保証期間が2年間延長されます。

大切に扱っていても壊れる時は壊れるので、この保証はありがたい精神的な砦となります。

\公式ストアで特典もらえる/

テラやソースシリーズとの違いを比較

ソーダストリームは現時点で「テラ」、「スピリットシリーズ」、「ソースシリーズ」、「ジェネシスシリーズ」があります。ここに新たに「デュオ」が追加されました。

前作のテラや高価格帯のソースシリーズとの比較ですが、デュオはこれまでの機種とは用途が完全に違っており、対抗馬はありません。

しいて言うなら同じピンクシリンダー型の「テラ」でしょうか。

用途で比較

一人暮らしであれば「テラ」。二人暮らし以上におすすめなのは「デュオ」です。

「デュオ」は2通りの使い方ができます。
食卓で使用する際はインテリア性の高いガラス製カラフェを、外出時に持ち運ぶ際は軽量のプラスチック製ボトルを、とどちらも使いたいという人に向いています。

パーティーシーンなどではガラス製カラフェは重宝しそうです。自宅に友人を招待するような場合には最適です。

結婚祝いや引っ越し祝い、出産祝いなどに「デュオ」は喜ばれそうですね。

価格で比較

価格は27,500円。

一人で使うなら確実に「テラ」がいいと思います。1万円以上の価格差があります。

電源を確保できるのであれば、「スピリットワンタッチ」。もしくは5000円多く出して「ソースパワー」ですね。

位置固定なら電動は間違いなく便利です。

商品写真機種名販売価格
ソースパワー (Source Power)ソースパワー31,900円
ソーダストリームデュオデュオ27,500円
スピリットワンタッチ (Spirit One Touch)スピリットワンタッチ20,900円
ソースv3 (Source v3)ソースv320,900円
ソーダストリームテラ(TERRA)テラ15,400円
スピリット (Spirit)スピリット15,400円
ジェネシスデラックスv2 (Genesis Deluxe v2)ジェネシスデラックスv213,200円
ジェネシスv3 (Genesis v3)ジェネシスv39,900円
ジェネシスv2 (Genesis v2)ジェネシスv29,900円

テラの機能と比較

まず「デュオ」は最大の魅力である「ガラス製カラフェ」が使えます。

しかし「デュオ」は0.5Lのボトルが使えません(テラは使えます)。

個人的に外に持ち運ぶことはないので、0.5Lボトルは必要ないのですが、0.5Lを使いたい人はここは要チェック。

シリンダークイックコネクトはどちらも搭載。メタル式炭酸注入ノズル付きで、食洗器対応ボトル(DWS)を採用。

ここは「テラ」同じですね。

デザインで比較

洗練されたデザインで国際的な「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞しています。

何よりガラス製カラフェが美しい。家族や友人たちと飲食する時には非常に役に立ちそう。

サイズで比較

わかりやすく図を作って他機種と比べてみたので、設置スペースに不安がある人は以下を見て、判断するとよいでしょう。

デュオは一番左。これまでのモデルよりもやや大きめですね。

ソーダストリームのサイズ比較表
商品写真機種名サイズ
幅×奥行×高さ
重量
ソースパワー (Source Power)ソースパワー12.4×
23.3×
42.3cm
2,500g
ソーダストリームデュオデュオ16.0×
27.5×
43.7cm
2,700g
スピリットワンタッチ (Spirit One Touch)スピリットワンタッチ13.0×
18.5×
42.0cm
1,492g
ソースv3 (Source v3)ソースv312.4×
23.3×
42.3cm
2,100g
ソーダストリームテラ(TERRA)テラ13.5×
19.5×
42.5cm
1,300g
スピリット (Spirit)スピリット13.0×
18.5×
42.0cm
1,100g
ジェネシスデラックスv2 (Genesis Deluxe v2)ジェネシスv3 (Genesis v3)ジェネシスv2 (Genesis v2)ジェネシスデラックスv2
ジェネシスv3
ジェネシスv2
13.5×
23.5×
42.0cm
1,000g

 

\公式ストアで特典もらえる/

「デュオ」のデメリット

個人的に感じたデメリットは、0.5Lボトルが使えないところ。

あまり0.5Lは使わないのですが、持ち運び用途を謳うのなら小型ボトルも使えてほしかったかな。

あとはやや筐体が大きめです。
特に奥行きはこれまでのソーダストリームシリーズでは最大。ガラス製カラフェが入る分だけ大きくなっている印象ですね。

それ以外機能的なデメリットは見つかりません。
保証期間も通常品よりも+2年間と大盤振る舞い。

据え置きで家庭用に使うなら「デュオ」いいですよ。ガラス製カラフェのデザインが最高です。

コストパフォーマンス・維持費について

コスパやランニングコストについてですが、「デュオ」においてもここは変わりません。

公式には「0.5Lボトル1本あたり約18円で炭酸水が作れ、ペットボトルの買出しやゴミ処分の手間もかかりません。」とありますが、この費用対効果については正直ちょっと疑問。

実際、ガスシリンダー一本で何本炭酸水を作れるか試したコスパの記事で言及しています。

炭酸強度と500ml1本あたりの比較表

以下の表は同強度のペットボトル炭酸水と比べたものです。炭酸水500mlの金額で計算しています。

炭酸強度ソーダストリームウィルキンソンサッポロおいしい炭酸水
通常約36円約75円
強炭酸約47円約90円

年間経費

500mlの炭酸水を毎日1本消費すると考えて、365日間飲んだ場合、年間で13000円~15000円程度の節約になります。

炭酸強度ソーダストリームウィルキンソンサッポロおいしい炭酸水
通常約13,140円約27,375円
強炭酸約17,155円約32,850円

しかしペットボトルや缶を箱買いするよりはずっとコスパは高いですね。他のソーダメーカーと比べてもその差は圧倒的です。

デュオの口コミ・評判

4月15日に発売されたばかりなので、日本での口コミはまだありません。

海外での口コミや評判をいくつか翻訳してみました。

ソーダストリームデュオがキッチン置けるようになってから、飲み物を運ぶ手間が省けるようになった!

引用元:Twitter

とても便利です。ソーダストリームはずっと試したいと思っていました。
ガラス瓶も二本ついてお得で、家族全員が納得の上、購入しました。場所を取らずどこにでも置けます。

引用元:Twitter

以前使っていたものがボロボロになったので、この新しいSodaStream Duoを手に入れることにしました。

Twitterのみんなからおすすめされて買ったんだから、ダメだったらお金要求するぞ~

引用元:Twitter

デュオの悪い口コミや評判、デメリットなどは?

テラの悪い口コミ探したのですが、あまり見つかりませんでした。

しいて言えばカラフェはかっこいいけど、本体のデザインが可もなく不可もなくといったものでした。

結論:デュオは家庭向けにおすすめの商品です

自宅に友人を呼ぶ機会があるとか、家族みんなで使うなら「デュオ」はおすすめできます!

インテリア性の高いガラス製カラフェと軽量のプラスチック製ボトルを使い分けたい人にはとてもよい。

あと、結婚祝いや引っ越し祝い、出産祝いなどのプレゼントには最適でしょうね。

一人で使うならまぁ「テラ」一択でしょう。

ソーダストリーム最新比較では他の機種の特徴も見れます。お時間ある方は覗いてみてください。

「デュオ」や「テラ」が発売されたことによって、旧シリーズである「ジェネシス」は徐々に終売していくと思われます~。

\公式ストアで特典もらえる/


「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!