ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ソーダストリームを安くお得に買う方法と維持費のコスパ比較

ソーダストリームを安くお得に買う方法と維持費のコスパ比較




強炭酸を自宅で作りたい!と思っている人に好評のソーダストリームで色々実験したみたレビュー記事は読んでいただけましたか?

その後、弊事務所でソーダストリームのコストの話で盛り上がっていたので、今回はソーダストリームをできるだけ安く買いたい!と思っている方に向けてお得に買う方法を書いてみることにします。

あと、「ぶっちゃけソーダストリームって本当にコスパ最強なの?」を確かめるため、1本のガスシリンダーで何本くらい炭酸水が作れるのかも調べてみました。

箱買いしたペットボトルの炭酸水と比べて経済的にお得なのか、維持費はどのくらいかかるのかなどの疑問にお応えしていきたいと思います。

そう、なにを隠そう僕も気になっていたからです。

ではいきまーす。

ソーダストリームを一番安く買う方法

まず新品のソーダストリームを安く買う方法ですが、ソーダストリームには基本的に割引はありません。

なので最安値は存在せず、どのショップで買っても同じ金額なんですね。

しかし特典がついてたり、ポイント還元、アウトレットなどなど、お得に買う方法は存在します。

順に見ていきましょう。

一発目最強は公式オンラインショップ

最初に本体を買う際、一番お得なのは実は公式ショップです。

公式オンラインショップでは季節ごとのキャンペーンや無料会員登録での限定セットなど、様々な特典が用意されています。

たとえば

夏のキャンペーン

サマーキャンペーン

とか

無料会員登録特典

無料会員登録特典

とか

新規購入限定キャンペーン

新規購入限定キャンペーン

などが定期開催されています。

開催されていない時期もあるようですが、何かしらの新規購入プレゼント企画をやっています。

さらにスターターキットを購入すれば、後々に買い足すことになるであろう専用ボトル(公式限定ボトル)がもらえたりします。

つまり一発目、最初にソーダストリームを買うときは、総合すると数千円分の特典となる公式がお得なわけです。

なので僕も公式で注文しました。

他のショップや家電量販店でポイント還元があったとしても、この特典を上回ることは難しいでしょう。

あとは公式の安心感でしょうか。

偽物を掴まされることはまずないですし、本体の保証も効く。

後々の不具合や疑問点があっても購入者登録しておけば手間が省けます。

ガスシリンダー交換も公式を使う場合が多いので、一回目のスターターキットは公式で購入するのが良いでしょう。

5,000円以上買えば送料無料。決済はなるべくクレジットカードにて行い、ポイント還元されるのもお忘れなく。

 

ポイントを消費したいなら楽天や家電量販店もアリ

家電量販店

楽天やAmazonといった通販サイト、ビッグカメラやヨドバシ、コジマといった家電量販店で既にポイントを貯めていて、これを消費したいというのなら間違いなくそれがいいでしょう。

その場合定期的に開催されるポイントデーなどを利用するといいのではないでしょうか。

専用ボトルはついてくるものでは足りなくなると思います。なのでこちらは買い足す前提で。

常に冷えたお水を使って炭酸水を作るのであれば最低でも2本。理想は3本あると使いまわしがきいて良いです。

ガスシリンダーはどこで買うのがお得か

ガスシリンダー

最初のセットを買うのは公式が一番お得ですが、定期的なガスシリンダー購入は「手間」と「ポイント還元」のどちらをとるかがカギとなります。

たとえばヤマダ電機やビッグカメラで新規でガスシリンダーを買えば10%程度のポイント還元がもらえます。

仮に5,000円なら500ポイントつく計算になるので実質4,500円。公式ショップにはこれがありません。

家電屋がすごく近くにあるという人はポイントがもらえるので直接交換しにいきましょう。

しかし、店舗では毎回「名前・住所・電話番号」を書かされます。

不法投棄などを避けるため誰に売ったかを明確に記しておく必要があるんですね。

これがかなり面倒。

そもそも僕にとって店舗に行く、店員さんと話す、という行為がすごくコストなので、公式にある「ガスシリンダーお得便」を使って送料を安く抑えています。

好きな時に好きなだけ交換できる3回分コース、もしくは5回分コースが長い目で見てお得です。

コストコでソーダストリームが割引になっている

コストコ

コストコでもソーダストリームが販売していますが、これは古いモデルが安く割り引かれて売っています。

僕が見た時に割引で売られていたのはソーダストリームジェネシスデラックスv2ですね。

「コストコのソーダストリームは静音!」とか「重量が軽い!」とかさもオリジナルを売っているみたいに書かれてる情報サイトもありますが、ただのジェネシスデラックスv2なので仕様は変わりません。

これです↓

Genesis Deluxe v2(ジェネシスデラックス)

価格:12,000円(税抜)

Genesis Deluxe v2(ジェネシスデラックス)スターターキット

ちなみに公式ショップにも「アウトレット」というコーナーがあって、古いモデルは割引されて販売されています。

なのであんまりコストコに行く意味はないかな~と思いますね。

古いモデルを安く買いたい!という人はまずは公式のアウトレットページを覗いてみてください。

ソーダストリームのコスト比較。はたして経済的なのか?

ソーダストリームの公式サイトには1本約18円と書いてありますが、実際のところはそこまで安くはありませんでした。

といっても箱買いよりは圧倒的にコスパはいいです。

ウィルキンソンタンサンなどの箱買い価格と比較して、ソーダストリームがどのくらい経済的なのか考えてみましょう。

ペットボトル箱買いとどっちが安いか比べる

通常強度の炭酸水は30L程度つくれます

毎回炭酸水を作った本数をメモして計算してみると、真新しい炭酸ガスシリンダー(60L)をセットして使い切るまでに約30L分の炭酸水を作れました(実際はもうちょい多い)。

通常強度というのはプッシュ一回分。作ってすぐ飲めばかなり喉にくる程度の炭酸強度です。

作ってから冷蔵庫に入れ翌日になってしまうと弱くなってしまうイメージ。こうなると追い炭酸が必要です。

強炭酸は20L~23L程度つくれます

強めの炭酸を作るとなると総量が20L~23L程度に減る印象です。

こちらはかなり喉にくるレベルの炭酸で、ゴクゴクと一気飲みはできないくらいの強度です。

翌日でも追い炭酸がいらないくらいのイメージで、夏場のハイボールはたまにこの強度で飲みたくなります。

 

通常強度だと500mlペットボトル換算で60本分。強炭酸だと46本分作れるといったところ。

ガスシリンダーは交換用が2,000円なので、初期費用を除けば

通常強度は1本約33円。

強炭酸は1本約43円。

となるわけです。

箱買いのウィルキンソンタンサンが一本80円程度(税抜き)なので、まぁ半値くらいでしょうか。

ただしソーダストリームの場合はここに本体(スターターキット)の初期投資金額が入ってきます。

専用ボトルを追加で買っていたりすればボトルの金額も入ってきますね。

僕はスピリットのスターターキット(14,000円)を買ったので、だいたい36カ月くらいで投資したもとがとれるという計算です。

他の高価格帯のモデルを買った方も48か月くらいで元が取れるのではないでしょうか。

初期投資金を回収した後はずっとお得に使えるわけなのでコスパはまぁそこそこといったところでしょうか。

 

しかしソーダストリームにはいつでも自分好みの炭酸を、好きな時に、好きな水で、好きな強さで作れるという魅力やペットボトルのゴミが出ないというメリットがあります。

「時間的コスパ」を考慮すればかなり良い商品だということは間違いないと僕は思っています。

まとめ

というわけでこの記事ではソーダストリームをできるだけ安くお得に買う方法と、費用対効果について書いてみました。

一発目のスターターキットを買うのは公式。

ガスシリンダーは面倒でなければ家電量販店でポイント狙い。面倒なら公式の「お得便」を利用。

費用対効果はペットボトルの約半額ということで決着しました。

実際に使ってみたレビューや使い方動画などもお時間ある方は見てみてね。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。