ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ソーダストリームアートARTは買いか?機能の違いを徹底比較/口コミや評判を調査

ソーダストリームアートARTは買いか?機能の違いを徹底比較/口コミや評判を調査
オーツカ

ソーダストリームが2022年8月に新製品「ART(アート)」を発表!

最近は「テラ(TERRA)」「DUO(デュオ)」と、新製品をどんどん投下。ラインナップが刷新されています。

ソーダストリームアート(ART)は、レトロなデザインがかわいいソーダストリーム史上初のレバータイプ

別のソーダブランド「アールケ(aarke)」に似ているところを見ると、流行りの50~70’sのアメリカンレトロを意識している感じかな。

8月4日より今回もスペシャル延長保証付きでソーダストリームブランドサイトから販売開始です。

さっそく目玉機能を見ていきましょう!

ソーダストリームアート(ART)とは?

だんだんと近代的なデザインになっているソーダストリームですが、今度のリリースはなんと取っ手付き。

個人的には「アールケも人気だし、ハンドルのあるデザインパクっただけでは、、、?」と思いました。

ソーダストリーム公式の解説文を読んでもみたのですが、、、

「機能的で美しい」を叶えた新商品「ART」は、使えば使うほど使い捨てペットボトルの排出を同時に減らし、地球の恵みを守るという究極のアートを実現します。

「本能」を呼び覚ますような直観的な操作性は「使いやすい」という便益を超え、忙しいライフスタイルの合間にも「ワクワク」が感じられる、これからのソーダストリームを代表するモデル。

なんか、フワッフワだな。

根本的なバージョンアップはなく、「究極のアート」「使いやすい」「ワクワク」というフレーズをコンセプトに使ってくるあたり、少しネタ切れ気味なのでしょうか?

ただデザインはアート(ART)というだけあって、スタイリッシュだなと思います。

バルミューダやアラジン、デロンギなどのアメリカンレトロの流行をうまく取り入れているイメージですね。

オーツカ

毎日顔を合わせる家電はおしゃれなほうが気分が上がるので、僕は今回のリリースは良いと思いました。テラとも差別化できています。

カラーはこれまでのシリーズでも人気のホワイト、ブラックの2色での展開。

ソーダストリームブランドサイトでは2022年8月4日(木)より販売開始しています。

公式サイトだけの限定特典(保証期間+2年)が見逃せないので、まずは覗いてみることをおすすめします!

\公式ストアは無料で4年保証/

機能の特徴/メリット

最大の特徴はレバー

これまで手動式のソーダストリーム(デュオ、テラ、スピリットなど)は、プッシュ式、もしくは炭酸注入ヘッドを降ろすタイプでしたが、アートはレバー式になりました。

ボトルの口をスナップ・ロック部に合わせ、ボトル上部を奥のほうへ押し込んでセット。
レバーをしっかり押し込んで、1秒間ほど押してレバーを離します。

お好みによって、中炭酸は3回、強炭酸は5回を目安でレバーを繰り返し押し込みます。(7回以上はNG!)

詳細はAmazonの動画がわかりやすいので購入予定の方は見てみましょう。

シリンダークイックコネクト機能

「テラ(TERRA)」や「デュオ(DUO)」と同じく、「シリンダークイックコネクト(ピンクシリンダー)」を搭載しています。

ガスシリンダーの交換が、ねじ込み式からワンタッチ式になっており、使い勝手がよく好評です。

もう新機種はすべてこの機能を搭載しています。時代は変わっていくなぁ。

ちなみにこれまでのブルーシリンダー(ねじ込み式シリンダー)はアート(ART)には使用できないので、古いモデルを使用している方は購入時は気を付けましょう。

DWS(ディッシュウォッシャーセーフ)ボトル採用

テラやデュオと同じくDWS(ディッシュウォッシャーセーフ)ボトルを採用、70℃までの食洗器で洗浄可能でお手入れも簡単。

公式サイトだとマイボトル(0.5L)が特典としてもらえるので、見逃さないようにしましょう。

メタル式炭酸注入ノズル搭載

メタル式炭酸注入ノズルを搭載しています。これは「ソースシリーズ」にも搭載されていた機能です。

炭酸水を作る際に、炭酸ガスが固体化されボトル内にドライアイスができるのを防いでくれます。

カラーは2種類

カラーはこれまでのシリーズでも人気のホワイト、ブラック、の2色で展開します。

最近はあまりレッドは登場しませんが、限定色などで今後リリースがあるかもしれません。

\特典ボトル&4年保証/

公式サイト特典が間違いなくお得

公式のみの長期保証「最大4年」

テラ、デュオに引き続き、ソーダストリームアート(ART)にも製品保証が最長4年になる特典がついてきます。

この保証は家電界の中でも屈指の長さです。

通常、ソーダストリームの製品保証期間は2年間ですが、「アート(ART)」を購入した方で、公式サイトで「会員登録」をすると保証期間がさらに+2年間延長されるのです。

ソーダストリーム公式サイトで既に「会員登録」をされている方は自動的に保証期間が2年間延長されます。

「ソーダストリームを最初に買う時は公式サイトが最強」というのは本当です。

オーツカ

他の家電製品にはマネできない反則レベルの保証ですが、カラクリはなんとなくわかります。

製品の強度に自信があるというのがひとつ。

そしてなにより、ガスシリンダーの交換で利益が出るようにしているから、本体価格度外視でもやれるんだと思います。

アート(ART)とテラ・デュオの違いを比較/どれをを買う?

ソーダストリームの手動モデルは現時点で「デュオ」、「テラ」、「スピリットシリーズ」、「ソースシリーズ」、「ジェネシスシリーズ」があります。

スピリット、ソース、ジェネシスは旧モデルなので、検討している方はこちらの比較ページを参考にしてください。

主な対抗馬となるのは「テラ(TERRA)」との比較を書いていきます。

新型の手動モデルで一番人気なのがテラ。スピリットの完全上位互換であり、評価もとても高い商品です。

アートとテラの機能を比較

アートとテラは基本機能に差はありません。

レバー式がプッシュ式か、性能の違いはそれだけです。

シリンダークイックコネクトはどちらも搭載。メタル式炭酸注入ノズル付きで、食洗器対応ボトル(DWS)を採用。

0.5Lと1.0Lのボトルも使用可能です。

価格で比較

テラは15,400円。アートは20,900円。

つまりデザインの差額に5000円多く払えるかどうかということです。

とりあえずソーダストリームで炭酸水作れればいいやという人はテラ

毎日使うものだから、スタイリッシュなデザインのほうが気分が上がる!という人はアートを選ぶと吉です。

一応全体の価格を見ておきましょう。

商品写真機種名販売価格
ソースパワー (Source Power)ソースパワー31,900円
ソーダストリームデュオデュオ27,500円
スピリットワンタッチ (Spirit One Touch)スピリットワンタッチ20,900円
ソースv3 (Source v3)ソースv320,900円
ソーダストリームアートARTアート20,900円
ソーダストリームテラ(TERRA)テラ15,400円
スピリット (Spirit)スピリット15,400円
ジェネシスデラックスv2 (Genesis Deluxe v2)ジェネシスデラックスv213,200円
ジェネシスv3 (Genesis v3)ジェネシスv39,900円
ジェネシスv2 (Genesis v2)ジェネシスv29,900円

手動であればテラかアートですが、電源を確保できるのであれば、「スピリットワンタッチ」。もしくは「ソースパワー」がよいでしょう。

位置固定なら電動が間違いなく便利です。

サイズで比較

わかりやすく図を作って他の新機種と比べてみたので、設置スペースに不安がある人は以下を見て、判断するとよいでしょう。

アートは一番左。対抗馬のテラよりはレバーがついている分奥行きが5cmほど大きいです

ソーダストリームアートのサイズや奥行き比較
商品写真機種名サイズ
幅×奥行×高さ
重量
ソースパワー (Source Power)ソースパワー12.4×
23.3×
42.3cm
2,500g
ソーダストリームデュオデュオ16.0×
27.5×
43.7cm
2,700g
スピリットワンタッチ (Spirit One Touch)スピリットワンタッチ13.0×
18.5×
42.0cm
1,492g
ソースv3 (Source v3)ソースv312.4×
23.3×
42.3cm
2,100g
ソーダストリームアートARTアート15.5×
24.5×
42.5cm
1,685g
ソーダストリームテラ(TERRA)テラ13.5×
19.5×
42.5cm
1,300g
スピリット (Spirit)スピリット13.0×
18.5×
42.0cm
1,100g
ジェネシスデラックスv2 (Genesis Deluxe v2)ジェネシスv3 (Genesis v3)ジェネシスv2 (Genesis v2)ジェネシスデラックスv2
ジェネシスv3
ジェネシスv2
13.5×
23.5×
42.0cm
1,000g

\公式ストアは無料で4年保証/

アート(ART)とデュオ(DUO)の比較/違い

新型のデュオとアートの違いも気になる方はいると思いますが、デュオは直接的な対抗馬にはなりません。

デュオも手動モデルではあるのですが、用途が異なっており、主に二人暮らし以上の方におすすめです。

デュオはプラスチック製ボトルと、ガラス製カラフェが併用可能の製品で、2通りの使い方ができます。

食卓で使用する際はインテリア性の高いガラス製カラフェを、外出時に持ち運ぶ際は軽量のプラスチック製ボトルを、とどちらも使いたいという人に向いています。

パーティーシーンなどではガラス製カラフェは重宝しそうです。自宅に友人を招待するような場合には最適です。

結婚祝いや引っ越し祝い、出産祝いなどに「デュオ」は喜ばれると思います。

アート(ART)のデメリット

僕はスピリットをリリース当初から使っていたので、手動式のアートには全くデメリットを感じませんでした。

0.5Lボトルも1.0Lボトルを使えるのはとてもよい。

最新機能を揃えているうえに、保証期間も手厚いし言うことはありません。

強いてあげるとすればレバーを押す長さによって一回の炭酸噴出量が変わることでしょうか。

手動に慣れていない方は毎回炭酸の強さを均一にするのには苦戦する可能性があります。

つまり、「お店などで使う際」には電動モデルを買ったほうが良いということです。

オーツカ

あとは奥行きですね。

テラに比べるとアートは約5㎝ほど奥行きがあるので、設置場所からはみ出さないよう注意したほうがいいです。

コストパフォーマンス・維持費について

コスパ、ランニングコストについてですが、他機種と変わりありません。

公式には「0.5Lボトル1本あたり約18円で炭酸水が作れ、ペットボトルの買出しやゴミ処分の手間もかかりません。」とありますが、この費用対効果については正直ちょっと疑問。

実際、ガスシリンダー一本で何本炭酸水を作れるか試したコスパの記事で言及しています。

炭酸強度と500ml1本あたりの比較表

以下の表は同強度のペットボトル炭酸水と比べたものです。炭酸水500mlの金額で計算しています。

炭酸強度ソーダストリームウィルキンソンサッポロおいしい炭酸水
通常約36円約75円
強炭酸約47円約90円

年間経費

500mlの炭酸水を毎日1本消費すると考えて、365日間飲んだ場合、年間で13000円~15000円程度の節約になります。

炭酸強度ソーダストリームウィルキンソンサッポロおいしい炭酸水
通常約13,140円約27,375円
強炭酸約17,155円約32,850円

しかしペットボトルや缶を箱買いするよりはずっとコスパは高いですね。他のソーダメーカーと比べてもその差は圧倒的です。

\公式ストアは無料で4年保証/

アートの口コミ・評判

8月に発売されたばかりのアートですが、結構口コミはありました。

日本でのアートの評判や評価を見ていきましょう。

ソーダストリーム Art(アート) スターターキット(ホワイト)レバーいいなぁ~。レトロならレトロにもうちょい寄せたほうが好きかも。

引用元:Twitter

ソーダストリームデビューしました。ずーっと欲しかったのですが、炭酸を入れやすいレバーが決めてになって購入しました。動画で予習しておいたので、難なく炭酸水が出来ましたよ。一口飲んだ感想は「炭酸や〜ん!」です

引用元:Twitter

毎週炭酸水のペットボトルのゴミが大量に出て邪魔だし捨てるのだるいのでソーダストリーム購入。色々迷ったけどArtに決めた。

引用元:Twitter

我が家のキッチンに炭酸水を作るマシーンが仲間入りしたよ✨😊
我が家の炭酸水消費量(購入金額)から見積もって…約1年でトントン➰以降は安上がりになる計算なのだっ😆👍
自分好みの強炭酸水があっという間に作れちゃう上に3箱の在庫保管スペースが空き冷蔵庫のスペースも空くゴミも減る
という➰良いこと尽くめの一品を買えた満足感でいっぱいのワタシです❣️🤭

引用元:Instagram

以前から気になっていた炭酸水メーカー🤔
ソーダストリームにしようかアールケにしようか悩んで…

インスタで調べているうちに
「あっ、これオシャレ❣️」と思ったのが
 @yossy_.smile.8 さんが載せていたソーダストリームアートでした✨

その時はまだ日本では未発売だったんですよね😥
それが、何と今月から日本で発売されることを知りまして😍

意外に音も静かだし、レバーというのもこちらのメーカーでは初かな?

見た目もシンプルでオシャレだし♫
毎日炭酸を飲む主人にも気に入ってもらえました🙌
これで大量のペットボトルが出ない〜👏

しっかり強炭酸にもなっていたし👍
大満足なお買い物となりました🥰

引用元:Instagram

アートの悪い口コミや評判、デメリットなどは?

ソーダストリームアートのの悪い口コミや評価はあまり見つかりませんでしたが、「アールケに寄せてきたな」っていうコメントは散見していました。

ソーダストリームの手動レバー版「ART」はアールケ(aarke)に寄せてきたですね。ただ微妙にかっこ悪いのはやはりアールケを見てしまっているからかな?

引用元:Twitter

みんな結構同じこと思っていますね。

でも性能と保証が良い分、ソーダストリームアートを買う層は多いでしょう。ってかソーダストリーム側もそれが狙いだろうな。

結論:アートはデザインにこだわりたい手動派におすすめ

手動でスタイリッシュなデザインの最新型が欲しいという方にはソーダストリームアートはおすすめです。

よりコストパフォーマンスを重視するなら、5,000円ほどリーズナブルな「テラ」で決まりでしょう。

毎朝顔を合わす家電なので、個人的にはデザインが良いアートを選ぶと思います。

ソーダストリーム最新比較では他の機種の特徴も見れます。お時間ある方は覗いてみてください。

\公式ストアは無料で4年保証/




「ショットグラスの有用性」とは?

ウイスキーブランドKYKEYの第二弾グラスは「ショットグラス」。その造形美と機能美を確認して欲しい。