ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ロイヤル・ブラックラ12年をいただいたのでレビュー/香り味わい飲み方

ロイヤル・ブラックラ12年をいただいたのでレビュー/香り味わい飲み方

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

昨年のパッケージリニューアルあたりから、ずーっと注目していた「ロイヤル・ブラックラ」。

先日、ひとくちウイスキーでいただいた時も、

 

「え、ブラックラ、美味くないすか?」

「正統派シェリーって感じでいいですよね。この価格帯でこのクオリティは破格ですよ。」

 

などと語り合っておりました。

そんな思いが通じたのか、ご縁がありまして、広報担当者さんから「ロイヤル・ブラックラ12年」いただけました。

オーツカ
いやー、ホントありがたい。ボトルで向き合うとまた違う趣がありますからね。リニューアルしたブラックラ、ちゃんとレビューしていきます。

ロイヤル・ブラックラとは

“英国王室御用達(ロイヤルワラント)”を初めて授かった「王のためのウイスキー」

まずはロイヤル・ブラックラをちゃっちゃとおさらいしておきましょう。

ロイヤル・ブラックラ蒸溜所は、1812年にスコットランド・ハイランドに設立された世界最古の蒸溜所のひとつ。

創業当初、密造者との競争を避けるため、ローランド地方やイングランドを主戦場として販売していました。

ある時、国王ウィリアム4世にいたく気に入られ、蒸溜所としては初のロイヤルワラント(王室御用達の勅許状)を授かります。

その証拠にブランド名に王室を意味する「ロイヤル」がつけられています。

ロイヤルがつけられたブランドは他に「ロイヤルロッホナガー」と1985年に閉鎖となった「グレンユーリー・ロイヤル」を含む3カ所のみ。
日本ではマイナーですが、スコッチ史においては歴史上、重要な蒸溜所といえます。

ファーストフィルシェリー樽を使った正統派な味わい

最新ラインナップの12年、18年、21年

最新ラインナップの12年、18年、21年

ロイヤル・ブラックラといえばコレ。気品のある「シェリー風味」。

伝統的な製法を守り続け、オロロソやペドロヒメネスなどの、シェリー樽でフィニッシュする事にこだわっています。

ファーストフィルシェリーもふんだんに使い熟成された原酒は、フレッシュかつ華やか。フルーティで味わいが特徴で、世界中の愛好家に親しまれています。

シングルモルトとしての流通は少なかったのですが、2016年からオフィシャルボトルとしてシングルモルトがリリースされるようになりました。

オーツカ

アバフェルディと共に、デュワーズのキーモルトとしても有名なロイヤル・ブラックラ。

これから飲んでレビューする12年は、第一回のTWSCでも金賞を受賞する完成度の高さなのです。マイナーだけど!

ロイヤル・ブラックラ 12年をテイスティング

今回レビューしていく「ロイヤル・ブラックラ12年」は、オロロソシェリー樽でフィニッシュされた12年熟成のシングルモルト。

過去の12年はアルコール度数40度でしたが、リニューアル後は46度。強い味わいが期待できそう。

オーツカ

基本はストレート。
一応、ロックとハイボールも試します。

ストレートグラスは弊ブランドである「KYKEY」のAROMA GLASS BASICとSTILLの2種で飲んでいきたいと思います。

カラーは、都会のビル群に沈む夕日のような、茜色の琥珀。少しトロミがあります。

AROMA GLASS BASICでのテイスティングノート

香り

口径が広いBASICでは、ダイレクトにシェリー香を感じる。

甘やかで落ち着いている。気品がある。

トップノートには、プルーンやプラム、デーツにラムレーズンが混合したような、黒くて赤い果実が爽快に鼻に抜ける。

中盤からはアーモンドとミルクチョコレート。スパイシーで心地よい。クローブのようなアロマもある。

味わい

口当たりはシルキーでクリーミー。

非常にフルーティーで、ドライアプリコット、オレンジマーマレード。チェリー。さらにはキャラメリゼしたナッツ。ウエハースも添えてある。

やや辛みもあり、中盤からはゆっくりとショウガキャンディーがほどけていく。

とろける甘さの中にカルダモン。

フィニッシュ・余韻

フィニッシュはミディアムレングス。飲み終わりはカプチーノとダークチョコレート、黒コショウの辛さ。

ゆっくりと砂糖漬けのドライオレンジ。

余韻に心地よい木々の香り。都会的な男性像が眼裏によぎる。

AROMA GLASS STILLでのテイスティングノート

香り

口径がすぼまっているSTILLを使用すると、ハーバルさが強く感じられ、酸もしっかり捉えられる。

ひんやりとした針葉樹に囲まれた森。涼しげで、落ち着いていて、クリア。

ただしアルコール感も強まる。
BASICよりもさらにスパイシーで、なめし革のようなアロマも拾える。他にはレッドカラント。ローズヒップティー、マジパン。

味わい

口当たりは冷たく、少しシロップっぽさが増す。

流れ込む液量が少量になるので、噛むと、桃のタルトやイチゴも拾えるようになる。
飲みこむとオイリーさがあり、アマニ油、オレガノとパン生地。

中盤から後半にかけて、スモーキーさも感じられ、飲みごたえも強くなる。
古い喫茶店で香る、甘いパイプタバコのようなフレーバーが、心のささくれを静かに撫でる。

フィニッシュはBASIC同様。針葉樹の香りと甘いタバコのフレーバーがジェントルでたまらない。

ロックグラス&ハイボール

ロック

香りは弱まるが、口を付けたとたんに強烈に甘い味わい

ローズヒップティーのような酸味は引っ込み、フレッシュでフルーティなトーンが強調される。

氷が溶けると酸が顔を出し、アーモンドの皮の渋さ、シナモンや甘草なども感じる。

シェリー樽ウイスキーの甘みを強く感じたい時はおすすめ。

涼しげで悪くない。ただし必ず、氷は後入れしよう。

ハイボール

こちらも極甘いハイボールになる。

シャキシャキとした食感のスライスリンゴ、シナモンと生姜シロップ。
ただ、口蓋に張り付くような酸味もある。

キシキシする印象がニガテなので、個人的にはおすすめしない。

テイスティングまとめ

華やかでリッチ。かつ上品な、ど真ん中なウイスキーです。

「一日の終わりに、おいしいシェリー樽のシングルモルトを飲んだなぁ」という充足感を得ることができます。

 

個人的にはアルコール度数を46度にしたのは大正解ですね。薄っぺらさを感じません。

あと、あまり公表されていませんが、リチャーしたシェリー樽や、リフィルシェリー樽も混合されて味わいが整えられているそうです。バリバリしないのはそのせいか。

 

ただ、加水では非常にフルーティーになりますが、ちょっとリンゴジュースのようなアロマになるので、おすすめしません。

BASICのような口径の大きいグラスでは、加水しないで楽しみましょう!

STILLのようなグラスでは、アルコール感もやや拾いますが、かなり解像度が増します。
上級者はこっちのほうが好きそう。

アルコール度数が6度上がったことによる変化は大きいように思います。僕はこういうグラスで長期間向き合うのが好きですね。

週末に顔を合わせる紳士な天使

まさに「王道」。

伊達にロイヤルワラントを授かっていない。

46度もちょうどいい。バリバリしてないし、サラサラしすぎない。

前作はアルコール度数が40度と、少し物足りなった印象でした。スマートで都会的なシェリー樽ウイスキーでしたが、線が細く尻すぼみだった。
今回はしっかりとした胸板を持つジェントルマンを想起させます。しかし重苦しさはなく、涼しげな印象。

リニューアル後の18年も飲みましたが、12年もいい。

個人的に、一本向き合うならしっとりとした佳酒の12年。

昨今の薄っぺらいスペイサイド飲むより全然いいと思います(笑)

オーツカ

シェリーカスクフィニッシュの12年ものとしては、コストパフォーマンスが非常に高いブラックラ。

ちなみに現在は在庫切れも多いですが、メーカーに確認したところ4月頃には戻るらしいです(もう戻ってるかも)。

ボトル抱えるのが不安な場合は、まず、ひとくちウイスキーで試飲してみるのもおすすめでっす!

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。お酒は楽しく適量で。





最高品質のショットグラスで刻む、至高のウイスキータイム。

ウイスキーブランドKYKEYの新作は時代を超える「ショットグラス」。レッドクリスタルでつくられたその造形美と機能美を確かめて欲しい。