ウイスキーの格安試飲通販ショップ

グレングラント21年が日本でも発売開始

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

以前グレングラントのコアレンジに21年が登場するよーという記事を書きましたが、日本でもリリースが決まったようです。

発売は2023年6月13日。

アルボラリスでちょっと有名になったグレングラントですが、実は10年や12年、18年あたりはめちゃうまなんですよね。

グレングラント21年の概要

スコットランドで最長の経歴を誇るマスターディスティラー、デニス・マルコム。

彼は3代にわたってウイスキー職人として働き、15歳で見習いとしてスタートした1961年から現在に至るまで、グレングラント蒸留所のシングルモルトスコッチウイスキーの品質と精神を見守り続けています。

彼の60年以上にわたるキャリアの中で、「グレングラント21年」は究極のクオリティを追求した結晶となります。

これまでのアルボラリス、10年、12年、15年、18年というブランドストーリーに新たな一章を刻む「グレングラント21年」は、グレングラント蒸留所の中でも特にプレミアムな一本となっています。

このウイスキーは最高級のオロロソシェリー樽とバーボン樽の2種類のカスクで熟成され、さらに最も伝統のある石造りの4番倉庫で時間を重ねています。それぞれのカスクはデニス・マルコム自身の目利きによって選ばれ、スモールバッチで丁寧に生産されています。

また、ボトリングの際に冷却ろ過を行わず、香味成分を取り除かないノンチルフィルタード製法が用いられています。その結果、原酒のように深みのある味わいを持つウイスキーが生まれています。アルコール度数は46%で、グレングラントのラインナップの中でも特に際立つ複雑さを備えています。

おすすめの飲み方はストレートまたはオンザロック。
その複雑な味わいや香りのエレメント、そしてそれらが生み出すハーモニーをぜひお楽しみください。

グレングラント21年の香りと味わい

香り:完熟した甘い桃、トフィーとレーズン

味:ソフトな口当たりから一気に拡がるリッチなトロピカルフルーツとクリーミーなバターの風味

余韻:いつまでも続くキャラメリゼされたクリームブリュレ

容量: 700ml
アルコール%:46%

オーツカ
ひとくちウイスキーでもグレングラントのセットがあるので、グラント気になる方は飲んでみてね。

グレングラントをまとめて試飲!ハウススタイルを知るセット

グレングラントセット

グレングラントのラインナップをまとめて飲んで、違いを知ってみたい!という方に向けて3本を少しずつ飲めるセットをご用意しました。看板商品の「10年」。そして長期熟成を感じられる高級品「18年」をはじめ、高コスパで人気を博した「アルボラリス」のセットです。

  • グレングラント 10年 (40度)
  • グレングラント 18年 (43度)
  • グレングラント アルボラリス (40度)

30mlセットと100mlセットから選べるので、グレンファークラスを少しずつ飲み比べてみてください。




最高品質のショットグラスで刻む、至高のウイスキータイム。

ウイスキーブランドKYKEYの新作は時代を超える「ショットグラス」。レッドクリスタルでつくられたその造形美と機能美を確かめて欲しい。