ウイスキーの格安試飲通販ショップ

アードベッグをファンと共に祝う「アードベッグ・デー 2022」が開催

MHD(モエ ヘネシー ディアジオ株式会社)が手がける「アードベッグ・デー 2022」が6月3日(金)〜5日(日)の3日間で開催されました。

会場のQ Plaza HARAJUKU(キュープラザ原宿)には熱狂的なアードベッグファン「アードベギャン」をはじめとするモルトファンが多数集結。

初日のオープニングイベントには中村獅童氏などの著名人も駆けつけ、3年ぶりの開催となったアードベッグ・デーを盛大に祝いました。

「アードベッグ・デー 2022」のテーマは「PUNK」ということで、会場にはテーマにちなんだ仕掛けが施されました。
アート作品に手を加えてPUNKTUREDなアートに変えていく「PUNK LIVE Paint (パンク ライブ ペイント)」は、来場者も自由にペイントすることで、アードベッグ・デーに参加した証になりました。

「PUNK」と言えば欠かせないのが音楽でしょう。
バンドステージでは

  • SpendyMily
  • ENFANTS
  • Panorama Panama Town

といったバンドが登場し、会場が一体となって盛り上がりを見せます。

アードベッグ『アードコア』

アードベギャンが心待ちにしていたのは、なんといってもアードベッグ・デー限定のボトルです。

アードベッグ・デー 2022でお披露目されたのは「アードベッグ アードコア」

極限まで強く焙煎したブラックモルトを使用し、今までにないスモーキーで尖ったアードベッグが誕生しました。

オーツカ
愛飲家の中では「10年のほうがスモーキーでパンクだった」とか言われていますが、毎年異なるコンセプトで、際立つ個性を出せというのも難しいのかもなぁ。

今回はあまり争奪戦にもならなかったようですし、バーで飲めた人、ボトルを手に入れられた人、みなさん笑顔になれたのではないでしょうか。

入場者のもつチケットには「アードコア」の試飲はもちろん

  • アードベッグ10年
  • アードベッグ ウィー・ビースティー5年
  • アードベッグ ウィー・ビースティー5年のカクテル「smash」

といったドリンクも含まれており、「PUNK」にふさわしいインパクトとアードベッグ定番の味わいに、会場から歓喜がわき上がりました。

アードベッグ・デーは、毎年アイラ島で開催される「アイラ・ウイスキー・フェスティバル」の中で蒸溜所ごとに行う「オープン・デー」にちなんだイベント。

世界中で同時に開催され、各地のアードベッグファンがお祝いしています。





「ショットグラスの有用性」とは?

ウイスキーブランドKYKEYの第二弾グラスは「ショットグラス」。その造形美と機能美を確認して欲しい。