ウイスキーの格安試飲通販ショップ

世界最大サイズの「ザ・マッカラン・イントレピッド 32年」が110万ポンドで落札

世界最大サイズの「ザ・マッカラン・イントレピッド 32年」が110万ポンドで落札

写真出典©:Lyon & Turnbull, Edinburgh

311Lという世界最大サイズの「ザ・マッカラン・イントレピッド 32年」が、110万ポンド(日本円で約1億6千万円)で落札されました。

「The Intrepid(イントレピッド)」と名付けられたこのボトルは、5月25日に英エディンバラのオークションハウスから出品。

オンラインと電話の両方での入札を経て、とあるコレクターに落札されたとのことです。

イントレピッドは、その巨大なサイズで、2021年にギネス認定されました。
5フィート11インチ(約180cm)のボトルには、スタンダードな700mlのボトルでいうと444本分に相当するとのこと。

スペイサイドの熟成庫で32年間熟成された後、昨年、インディペンデント・ボトラーズのダンカン・テイラー・スコッチ・ウイスキーからボトリングされました。アルコール度数は43度。
「The Intrepid(イントレピッド)」のネーミングは、ボトルに描かれた11人の探検家による記録更新の功績を讃えて名付けられました。

創設者は次のように述べます。
「我々にとってこのプロジェクトは、売上という利益以上の価値があるものです。
同時に、船長であった私の亡き父に捧げるものでもあります。
彼自身も探検家であり、その生涯でたくさんの得難いことを成し遂げました。」

また、数本の限定ボトルセットもリリースされました。
12本のボトルからなり、それぞれに311Lボトルと同じ樽からのザ・マッカランが詰められています。

オークションハウスのディレクターは、
「イントレピッド・コレクションは、今回の世界最大サイズのスコッチボトルのリリースを皮切りに、世界中の関心を集めてきました。
この上なくエキサイティングなプロジェクトのオークションが大成功を収めたことを、非常に嬉しく思っています。」

と語りました。




「ショットグラスの有用性」とは?

ウイスキーブランドKYKEYの第二弾グラスは「ショットグラス」。その造形美と機能美を確認して欲しい。