ウイスキーの格安試飲通販ショップ

今回は32年熟成!ローズバンクが第三弾をリリース

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

26年の時を経て遂に復活した、スコットランドローランドの雄、ローズバンク蒸留所のグローバルサードリリースです。

イアン・マクロード・ディスティラーズ社による発表では、今回のローズバンクは32年熟成、アルコール度数は47.6%。前リリースの47.8%より若干弱くなっています。

スコットランドのローランド地方にあるローズバンク蒸溜所は、その歴史と品質において「ローランドの王」と称えられてきました。

1840年、ジェームズ・ランキン氏によって創設されたこの蒸溜所は、1993年に残念ながら当時のオーナーであるUDV(現ディアジオ)社によって閉鎖され、その後は手つかずの状態でした。歴史的建造物に指定されるも、蒸留器とマッシュタンが盗まれるという惨事に見舞われました。

しかし、2017年にターニングポイントが訪れます。イアン・マクロード社が建物と土地の買収に成功し、さらにブランド権及び樽在庫の買取りも行いました。

同社の社長、レナード・ラッセル氏は、「最良のウイスキーであるローズバンクを再興させることは私の夢であり、誇りに思います。昔のローズバンクを再現することができるまで、新生ローズバンクはリリースしません。それは長い年月をかけた遺産づくりとなります」と熱く語っています。

ローズバンク蒸溜所は、そのセカンドリリースとして31年熟成のウイスキーを発表し、日本のウイスキー愛好家たちにもお披露目しました。

オーツカ

あまりにも価格が高すぎるため、まだ市場には残っているようですが、いくつかのバーでは提供されたようですね。

第三弾の32年も似たような感じになるのかな?
このシリーズは、ローズバンクの再興という歴史的な瞬間を象徴するものであり、その質の高さは折り紙付きです。

新生ローズバンクのプロジェクトは、過去の栄光を取り戻し、スコットランドのウイスキー文化に新たな章を加えることを目指しています。レナード・ラッセル氏の情熱とビジョンにより、ローズバンク蒸溜所は新しい時代に向けて歩を進めています。





最高品質のショットグラスで刻む、至高のウイスキータイム。

ウイスキーブランドKYKEYの新作は時代を超える「ショットグラス」。レッドクリスタルでつくられたその造形美と機能美を確かめて欲しい。