ウイスキーの格安試飲通販ショップ

伝説の続き「ポートエレン蒸溜所」が正式に再開

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

アイラ島の伝説的な蒸溜所ポートエレンがついに復活です。

1825年に設立されたポートエレン蒸留所は、1930年に一度休止。1967年から1983年まで再稼働し、長い沈黙の期間に入りました。1983年に閉鎖されるまで、アイラ島のウイスキー産業の中心として活躍し、その多くがブレンデッドウイスキーに使われていました。

シングルモルトとしてのリリースは少なく、その希少な原酒は高価格で販売され、コレクターやモルトマニア達の間では人気を博してきました。

そして今回、40年の時を経て、3月19日に最新鋭の施設として生まれ変わったというわけです。

復活させたのはディアジオ社。
プロジェクトに1億8500万ポンドを投資しました。
この投資額には、もうひとつの閉鎖蒸溜所であるブローラの再開やビジターセンターへの金額も含まれています。

ガラスを多用したモダンデザイン

復活したポートエレンは、全面ガラス張り。

使用する機器は、過去の伝統を受け継いだ最新鋭のものばかりです。

まず「フェニックススチル(不死鳥!)」と呼ばれる、古い蒸留器のレプリカです。そして蒸溜プロセスを細分化する「10部構成のスピリットセーフ」。スピリットをフォアショッツ、ハーツ、フェインツに分ける古典的なスピリットセーフよりも、はるかに細かくスピリットを調整できるようになりました。

この2つにより、1967年から1983年の黄金期に生産されたウイスキーの特徴を正確に再現する予定です。

オーツカ

1983年に蒸溜を担当していた、元蒸留所職員のイアン・’ピンキー’・マッカーサー氏がチームに加わっています。

味わいの再現に期待です。

美しいビジターセンター

ビジターセンターは、アイラ島の自然の美しさにインスピレーションを得たミニマルなスカンジナビアデザインが特徴。

6月からオープンし、アイラ島の海岸線と湾の向こう側にあるカレイグ ファダ灯台の景色が一望できるよう設計されています。

ビジターセンター内には、著名なスコットランド人アーティスト、ルーシー・メイ・スコフィールドによるアートワークが飾られています。

テイスティングルームで伝説のウイスキーを

キルンルームの試飲スペースでは、伝説のスピリットを味わうことができます。

再開に合わせ、ポートエレン蒸溜所からリリースした「ポートエレン ジェミニ」も試飲できるっぽいですね(エクスペリエンスツアー)。

さぁ!ポートエレンが復活だ!蒸溜所再開に先駆け「ジェミニ」をリリース!

こちらは上記の記事にも書きましたが、1978年に蒸留されたポートエレンの原酒を、2種類のヨーロッパ産オーク樽で熟成させたもので、ポートエレンが持つ独特のキャラクターを示しています。

ディアジオ社のシニアグローバルブランドアンバサダー、ユアン・ガン氏が言うには、キルンルームは、前回の取り壊しで残った唯一の建物だそうです。

毎月開催されるポートエレン オープン デイ ツアー (毎月第1土曜日) は無料で開催されています。

90分間のツアー「ポートエレンリボーンエクスペリエンス」の料金は1人あたり£200で、12名限定とのこと。

 




最高品質のショットグラスで刻む、至高のウイスキータイム。

ウイスキーブランドKYKEYの新作は時代を超える「ショットグラス」。レッドクリスタルでつくられたその造形美と機能美を確かめて欲しい。