ウイスキーの格安試飲通販ショップ

キリンディスティラリー操業50周年に際して「御殿場モルトウイスキー」の製造を開始

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

キリンディスティラリー御殿場工場が、本年操業50周年を迎えたキリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所の新たな挑戦として、地元御殿場の富士の伏流水と、御殿場の休耕田を活用し育てた大麦を使用した「御殿場モルトウイスキー」の製造を開始すると発表しました。

これを記念し、12月4日(月)に「御殿場モルトウイスキー」の原料となる御殿場産大麦の長期購入契約調印式と樽詰式を行いました。

富士伊豆農業協同組合(以下JAふじ伊豆)代表理事組合長の梶毅氏、御殿場市長の勝又正美氏、御殿場産大麦生産農家の横山泉氏、キリンビール株式会社マスターブレンダーの田中城太氏が立ち会う中、ウイスキーの蒸留液「ニューメイク」を熟成に向けてオーク樽に詰める樽詰めを行いました。

樽詰めされたニューメイクは熟成を重ねて、2028年以降に一部ブレンドに使用して製品化されるとのこと。2031年以降には、御殿場産大麦100%モルトウイスキーの発売を予定しています。

左から梶氏(JAふじ伊豆)、押田氏(キリンディスティラリー)、勝又氏(御殿場市長)

キリンディスティラリー操業50周年の新たな挑戦

「50年間御殿場の地でウイスキー事業を続けてこれたことへの感謝を形にしたい」

まず、キリンディスティラリー株式会社 代表取締役社長 押田 明成が登壇し、本年で50周年を迎えた富士御殿場蒸溜所の50年の歩みと今回新たな試みとなる「御殿場モルトウイスキー」の製造開始への思いを話しました。

「この50年は苦難の歴史とも言えます。一時期は最盛期の1/4程度まで市場が縮小し、当社も長く苦しい時代が続きました。今もこうしてウイスキーをつくり続けることができているのは、行政や地域のご支援があったからこそです。50年間御殿場で事業を続けてこられたことへの感謝を「御殿場モルトウイスキー」の製造という新たな取り組みの形で表すとともに、御殿場でつくられたウイスキーの魅力を国内はもちろん、さらに世界に発信していきたいという思いです。」

初の御殿場産大麦ウイスキー

「御殿場産の大麦を使用したウイスキーの製造は50年の歴史の中で初めての取り組み」

つづいて、キリンディスティラリー株式会社 洋酒生産部 藤井 聖が登壇し、御殿場産大麦の特長について紹介した後、御殿場産大麦からつくられたニューメイクの味わいを解説しました。

「御殿場産の大麦麦芽を使用したウイスキーづくりは、当社にとって初めての取り組みになります。ニューメイクは富士の麓の綺麗な空気と温かい日差しで育まれた、御殿場産大麦の柔らかく繊細な味わいが特長です。当社の品質ポリシー「クリーン&エステリー」を表現できるこの蒸留液は、ゆっくりと熟成させて最も美味しいタイミングでお客様へご提供できるようにしたいと考え、最低でも5年以上は熟成させます。」

御殿場の魅力をアピールできる素晴らしいものに

左から梶氏(JAふじ伊豆)、勝又氏(御殿場市長)

調印式では、JAふじ伊豆 代表理事組合長の梶毅氏を招き、キリンディスティラリーとJAふじ伊豆との御殿場産大麦の長期購入契約調印式を執り行いました。梶氏は「この取り組みは御殿場にとって大きな節目になると感じています。大麦の生産者たちも「御殿場モルトウイスキー」に非常に期待を寄せています。」と語りました。

また、御殿場市長の勝又正美氏は「富士山の豊富な伏流水を使って栽培された大麦で素晴らしいモルトウイスキーが作られはじめたことを非常に嬉しく思います。50年間、さまざまなご苦労があったと思いますが、この「御殿場モルトウイスキー」が御殿場の特産品として国内や世界に広まって御殿場の魅力をアピールできる素晴らしい商品になることをお祈りしています。」と語りました。

最後に、御殿場産大麦の生産農家 横山 泉氏、キリンビール株式会社マスターブレンダー 田中 城太氏が参加し、ニューメイクを熟成に向けてオーク樽に詰める樽詰めを行いました。

※ 御殿場産大麦の長期購入契約調印式は「キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所」と「富士伊豆農業協同組合」による2社契約となります。





最高品質のショットグラスで刻む、至高のウイスキータイム。

ウイスキーブランドKYKEYの新作は時代を超える「ショットグラス」。レッドクリスタルでつくられたその造形美と機能美を確かめて欲しい。