ウイスキーの格安試飲通販ショップ

「ラガン・ベイ」アイラ島に12番目のウイスキー蒸溜所が誕生予定!

2019年頃から建設が予定されていたラガン・ベイ蒸溜所に進展があったようです。

プロジェクトを発表したのはマッカイ・スミスとドナルド・マッケンジー。

彼らは2016年に独立系ボトラーとして「アイラ・ボーイズ」を設立。2018年にアイラ・エールズの醸造所を買収して以来、小さいながらも人気のクラフトブルワリーに成長させた地元出身の二人です。

マスターディスティラーはドナルド・マッケンジーが務める予定。
彼はジム・マッキュワン氏のもとで蒸溜を学んだ経験を持っているそうです。

ちなみに、グレンゴイン、タムデュー、ローズバンク蒸留所のオーナーであるイアン・マクロード・ディスティラーズがパートナーとして参加することも発表されており、恐らく株をいくつか持つのではないかと思われます。

2019年当時に提案された蒸溜所プロジェクトは、年間約15万リットルの純アルコールを生産し、1.5トン用のマッシュタン、2つの銅製ポットスチル(7500リットルのウォッシュスチルと5000リットルのスピリッツスチル)のほか、ラム製造用のコラムプラントも建設する予定でした。

期待したいですね!


ウイスキー好きのみなさま、力を貸しておくれ


BARRELではウイスキーラヴァ―のみなさんの意見を反映しつつ記事を書いていく予定です。
「アンケートくらい答えてやってもいいよー」って方はぜひご協力ください。