ウイスキーの格安試飲通販ショップ

オーガスタ・ディスティラリー、ケンタッキー州で2300万ドルを投じた大規模プロジェクトを発表

オーガスタ・ディスティラリー

写真出典©https://augustakydistillery.com/

バーボンメーカーのオーガスタ・ディスティラリーが大規模リニューアルする予定です。

ケンタッキー州での初の施設建設で2300万ドル以上を投資し、2024年までにオープンする予定を発表しました。

 

オーガスタ・ディスティラリーは、2018年7月に設立。
代表商品のバックナーズ13年シングルバレル・カスクストレングス・バーボンは、日本ではあまり見かけませんが、ケンタッキー州とオハイオ州で購入できます。また、次リリースは2022年後半とのことです。

 

プロジェクトについて、オーガスタ蒸溜所の共同創業者であり取締役副会長はこう述べます。

「この最先端のプロジェクトには、素晴らしい蒸溜所はもちろんのこと、これまでにないゲスト体験やイベントセンター建設などを予定しています。

観光客が増え、地元周辺地域のさらなる経済的活性化につながる自信があります。」

 

また、プロジェクトでは、地元で14もの雇用を生み出すとのことです。

さらに州の金融公社は、最大20万ドルの税制優遇措置を認めており、プロジェクトのバックアップに積極的です。

1つの企業の枠を越えた「産業」つくりといえる素晴らしいプロジェクトでと言えますね。

 

現在、ケンタッキー州には約60のスピリッツメーカーがあり、5,300人以上が働いています。

2020年に入ってからはさらに増え続け、40以上の新規設立や拡張がされており、6900万ドル以上の投資と約600人の雇用が計画されているそうです。

別の例として、ケンタッキー州のバーズタウン・バーボン・カンパニーでも、2024年までに2870ドルを投じて蒸溜所の拡張をすると発表がありました。

 

たしかアメリカ全土では600以上の蒸溜所があるんですよね。
日本のクラフト蒸溜所ブーム以上の盛り上がりですね。

写真クレジット:Augusta Distillery

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!