[1000円~]ピート香を感じるスモーキーなウイスキーでおすすめはどーれだっ![格安]

スモーキーなウイスキーも大好き。どうも、オーツカです。

初心者におすすめするウイスキーの記事が好評だったので、今回は安くておいしいスモーキーフレーバーなウイスキーを一覧でご紹介します。

Twitterなどでも「煙いウイスキーが好き」とか「ピート香っていうの?スモーキーなのがいい」っていう方がチラホラ見受けられます。

それに対して多くの方がラフロイグやアードベッグを勧めています。

でも、ウイスキービギナーにシングルモルトはちょっと冒険かな?とも思うわけですよ。

アードベッグはまだしも、ラフロイグ10年なんて値上がりして5,000円くらいしますからね。

というわけで今回はオーツカが厳選した1,000円台~3,000円くらいまでのピート香をしっかり感じるウイスキー(主にブレンデッド)をご紹介します。

ブレンデッドウイスキーはシングルモルトと違い、色々な種類のウイスキーを混ぜて作ってあります。

価格もリーズナブルなものが多いので普段飲みや入門にはおすすめです。

では、煙くておいしい、スモーキーなブレンデッドウイスキーの世界を楽しんでください。

【1,000円台】ピーティーでスモーキーなおすすめウイスキー

とにかく格安にスモーキーなウイスキーが味わいたいということであれば、以下の銘柄がおすすめです。

ポイントは濃いめのハイボール(ウイスキー30ml、炭酸水100ml)くらいで味わうとスモーキーフレーバーをよく感じられます。

ここで紹介する上位ラインナップも2,000円くらいで買えるので、後々飲み進めていくのもおすすめです。

ティーチャーズ

ティーチャーズ/スモーキーでピート香る1000円以内のウイスキー

アードモア蒸留所が造り出す力強いブレンデッドウイスキー。

グレンドロナックとアードモアをキーモルトとしており、甘やかでありつつも複雑なスモーキーさを醸し出しています。

アルコール由来のツンとくるアタック、酸っぱいリンゴのような酸味も感じますが、しっかりとヨード系のフレーバーが感じられます。

熟成感はさほど感じませんが、カジュアルに食中に飲むのもおすすめです。

スモーキーでリーズナブル!

アイラのシングルモルト好きの普段飲みにまずはこれを試してみて。

 

ジョニーウォーカー赤ラベル

ジョニーウォーカー赤ラベル/スモーキーでピート香る1000円以内のウイスキー

世界中で愛され続けるジョニーウォーカーの最も安価なタイプです。

スタンダード中のスタンダードですが、複雑に入り組んだフルーティでふくよかなアロマ、そしてコケや土を感じさせるスモーキーさが乗っています。

アルコールのアタックが強いのでごまかされがちですが、煙さはしっかりと感じられます。

キーモルトはカーデュという爽やか目なウイスキーですが、タリスカーのスパイシーさも感じます。

とても手に入りやすいウイスキーなので、まずは飲んでみてください。

 

ホワイトホース ファインオールド

ホワイトホース/スモーキーでピート香る1000円以内のウイスキー

アイラモルトで「正露丸の香り」と称されるラガヴーリンが入っています。

ただ現行品は他のキーモルト(クレイゲラヒ、グレンエルギン)が多くなったのか昔ほどスモーキーでなくなった印象です。

花や蜂蜜を連想させる軽やかなニュアンスが強くなっていますが、バランスは非常に良いと思います。

日本市場限定でホワイトホース12年がでていますが、こちらはよりまろやかさが増しているので、スモーキーなウイスキーを求める方はベクトルが違うと思います。

おすすめはヤフオクで旧瓶(オールドボトル)を落札すること。

そこそこ安く落札できるのと、昔のスモーキーなホワイトホースを感じられます。

2018年7月10日に缶のハイボールが発売されることが決定しました!試してみたい。

 

ベル

ベル/スモーキーでピート香る1000円以内のウイスキー

英国ナンバー1の売り上げを誇るウイスキー「ベル」。

稀代の名ブレンダー、アーサーベルが生み出したドライなブレンデッドウイスキー。

キーモルトはカワウソの絵が可愛いブレアアソールをはじめ、ダフタウンやインチガワーなどが入っています。

トゲトゲしさはあまりなく、優等生なイメージです。

程よいピート香と、ドライでキレのある飲み口。

すっきりした後味が魅力です。レモンを絞っても美味しい。

 

ロングジョン

ロングジョン/スモーキーでピート香る1000円以内のウイスキー

身長が193cmもあったジョン・マクドナルドが『のっぽ』と呼ばれていたことから命名されたロングジョン。

キーモルトはスペイサイドモルトのトーモア(軽くて甘い風味)ですが、香りづけにラフロイグを使っています。

香りはうっすらピートスモーク。

そして洋ナシのようなさわやかなフレーバーを感じます。

やや酸味のある味わいで、甘い余韻があります。

水割りやハイボールで飲んだほうがスモーキーさを感じられます。

 

以上が1,000円程度で買えるスモーキーなウイスキーの紹介でした。

他にも1,000円台後半になりますが、ヘイグブラックニッカディープブレンドはスモーキーなのでおすすめです。

では次からは少し金額を挙げて、よりクオリティの高い商品を紹介してまいります。

【3,000円台】ピーティーでスモーキーなおすすめウイスキー

ここからは市場価格2,000円台後半でピートスモークをよく感じさせる商品をピックアップします。

もう少し出せばシングルモルト買えるからそっちのほうがよくない?と思われる方もいるかもしれませんが、この価格帯からは非常に完成度の高いブレンデッドが増えてきます。

なかなか優秀なボトラーズものなどもピックアップしますので、参考にして下さい。(マクレランズ アイラとか入れようとしたんですが、終売になってしまったんですね)

アイリーク(イーラッハ)

アイリーク(イーラッハ)/スモーキーでピート香る3000円前後のウイスキー

「アイラ島民」の名を持つガツンとスモーキーでスパイシーなウイスキーです。

蒸留所の名前は明かされていませんがラガヴーリンやラフロイグが入っていると言われています。

熟成感はあまりないですが、恐らくラガヴーリンの若いモルトかと思います。

甘さはほとんど感じられません。

カスクストレングスのボトルもあり、よりガツンとしたピート香を体感したい人は是非どうぞ。

「インターナショナルワイン&スピリッツコンペティション」で金賞を受賞したこともあるクオリティの高いスモーキーモルトです。

 

アイラ・ミスト デラックス

アイラ・ミスト デラックス/スモーキーでピート香る3000円前後のウイスキー

ラフロイグをキーモルトとしており、グレングラントやグレンリベットなどがブレンドされています。

しっかりとした磯の香りと、ラフロイグ特有のナッツのような香ばしさ。

後味はスイートで非常に飲みやすいアイラです。

飲みやすさの理由はグレングラントやグレンリベット由来のリンゴやバナナのニュアンスですね。

8年やピーテッドリザーブなど他ラインナップもお手軽な金額で買えます。

優秀なブレンデッド。

 

ブラックボトル

ブラックボトル/スモーキーでピート香る3000円前後のウイスキー

ブラックボトルはアイラ初心者の方におすすめな一本。

ブナハーブンをキーモルトにアードベッグ、ブルックラディ、カリラ、ラフロイグ、ボウモア、ラガヴーリンといったアイラ島を代表する7蒸留所のモルトをブレンド。

ドギツイピート感があると思いきや、最近はとてつもなく飲みやすくなっています。

どうも2003年以降は南ハイランド(ディーンストン)やアイランズ(トバモリー)などのモルトの割合が増えたようですね。

入門用にどうぞ。

 

フィンラガン オールドリザーブ

フィンラガン オールドリザーブ/スモーキーでピート香る3000円前後のウイスキー

こちら中身を明かさないシングルモルトとしてリリースされましたが、カリラ蒸留所のものと判明しています。

もっとスモーキーな味わいを楽しみたい場合は、少しお値段を上げればカスクストレングスが手に入りますので、そちらをどうぞ。

カスクストレングスのボトルはソーダで割ってもへたれないので毎日の晩酌ハイボールには最適です。

オリジナルピーティーというラインナップもありますが、そちらは少しピート香が落ち着いているように思えました。

ちなみにフィンラガンとはアイラ島の近くにあった古いお城の名前です。

 

アイラストーム

アイラストーム/スモーキーでピート香る3000円前後のウイスキー

ブルックラディでボトリングしたのか?と思うくらいそっくりな外観。

他の商品と比べるとお値段が張りますが、こちらはかなりおすすめです。

色々な口コミを見ても「バランスが良い」と評価されていて、僕も実際飲んでおいしいと思いました。

アイラらしいピート、ヨード香。

ストレートだとバニラやりんごのニュアンスもあります。

余韻が長く、加水、ソーダ割りでもおいしくいただけました。

中身はラガヴーリンやカリラかと推測します。

シリーズ化している人気商品

初心者の記事でも書きましたが5,000円くらい出せますよ~って人が結構いるので、その先を書いてみようかと思います。

このクラスになるとアイラモルトのスタンダードクラスは手に入る金額なので、好みの問題になるかと思います。

ビッグ・ピート シリーズ

名門ダグラスレインの看板商品。

非常にクオリティの高いブレンデッドウイスキーで世界的にも人気です。

発売当初、伝説の蒸留所と言われたポートエレン(復活予定)の1982年~1983年が入っているという謳い文句で一気に販売数を伸ばしました。

さらにアードベッグ16年、カリラ、ボウモアといったアイラモルトをヴァッテドしています。

リリースする時期や製品によって、ラベルデザインが変わるのが特徴で、ラベルに描かれたおじさんが様々なコスプレをします。これがまた楽しい。

今やおじさんは世界各国を旅し、各地の名物行事とコラボするシリーズものとなりました。

日本でもスカイツリーと花火をバッグに浴衣をきたおじさんがミスマッチ(笑)な「東京エディション」、祇園祭をバックにレモンハイボールを楽しむ「京都エディション」などが発売されています。

ビッグピートクリスマス

毎回変わるクリスマス時期にリリースされるビッグ・ピート

日本の夏を意識したTOKYO EDITION。よく見るとスカイツリーが。。。
いつもボロボロなおじさんが外交官に扮してネクタイをしています。
バグパイプを演奏するおじさん。全身描かれているのは珍しいです。

そんな遊び心満載なビッグ・ピートですがお味のほうも秀逸です。

ウイスキー評論家ジム・マーレイ氏が96点をつけたクオリティは半端ではありません。

わたくしオーツカもBARで新作が置いてあると必ず飲むシリーズでもあります。

アイラモルト好きは常飲しているイメージですね。

 

番外編「潮気を含むアイランズ」

アイル・オブ・スカイ
マリー・ボーン

シックスアイルズ

 

アイラ特有のピーティーで薬品香をまとうイメージとは違いますが、タリスカーなどのアイランズモルトに表現される潮の味、ソルティでスパイシーな味わいを求めるならばアイル・オブ・スカイマリー・ボーンシックスアイルズなどもおすすめです。

ジャパニーズウイスキーにも注目

ブラックニッカクロスオーバー

ブラックニッカ クロスオーバー

2017年5月23日に「ブラックニッカ クロスオーバー」が発売されました。

ニッカウヰスキーの佐久間正チーフブレンダーは、

「ブラックニッカ・クロスオーバーは、“ガツンとくるチェレンジングな設計”のウイスキーだ」

「このウイスキー、“嫌いだ”という人がいても構わない」

と話しています。

キーモルトはふたつ。

余市蒸溜所の“ヘビーピートモルト”と宮城峡蒸溜所の“シェリー樽モルト”。

宮城峡シェリー樽の果実味溢れる香りと口当たり+余市のキリッとしたスモーキーな鼻抜けが特徴です。

 

シングルモルトは少々お値段が張りますが、ブレンデッドモルトやボトラーズモルトにはリーズナブルで特徴的なものが多くあります。

みなさん、是非お試しくださいませー。

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に!小難しいウイスキーの世界を分解し、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」。 これからウイスキーを知りたいビギナーさんの味方になります!日本最大級のウイスキーメディアBARRELを運営、編集長及びカメラマン、さらには執筆もしています。 他にも1000万PVを超える大規模サイトも運営しており、集客コンサルティングなど行っています。コラボやお仕事のご依頼はお問い合わせフォームから。