ウイスキーの格安試飲通販ショップ

プライベートボトル第二弾 Mag Mell/Tír na nÓg(マグメル/ティル・ナ・ノーグ)

プライベートボトル第二弾 Mag Mell/Tír na nÓg(マグメル/ティル・ナ・ノーグ)

前回の「マグメル/ウィリアムソン12年」は、みなさんが盛り上げてくれたおかげもあり、非常にスピーディに完売いたしました。

多くの方に飲んでいただき、とても感動いたしました。

あれから約1年。

今年もプライベートウイスキーボトルをリリースさせていただきます!

 

第二弾ボトルは、ハイランドエリア27年熟成のティースプーンモルト「Tír na nÓg(ティル・ナ・ノーグ)」です。

プライベートボトル第二弾 Mag Mell/Tír na nÓg(マグメル/ティル・ナ・ノーグ)

今回はたくさんの大人の事情が絡み合い、蒸溜所名はおろか、製造国から熟成樽にいたるまで、ほとんどの情報がラベルに記載できないという、謎多きウイスキーボトルとなりました。
あまり市場には出回らないブランドで、個人的には近年、「神(紙)がかった進化を遂げた注目の蒸溜所のひとつ」と感じている蒸溜所です。

ナチュラルカスクストレングスでボトリング。限定266本のご用意です。

テイスティングノート Tasting Note

 

【香り】
奥行きのある華やかな香り立ち。オイリーで円熟味のあるウッディネス。

わずかにケミカル、ハーバルなジャスミンとスミレのアロマ。
ミドルノートは白ブドウ、ライチ、イチヂク。ミルクプリンとほろ苦いカラメルソース。古書堂で開く図鑑。

複層的な香りの中に、軽快な甘酸っぱさを形成しており、均整がとれている。

 

【味わい】
非常にオイリーで粘性のある力強いアタック。
切り花のような青臭さの中にオレンジやパイナップルキャンディの甘酸っぱさ。

ボディは比較的ライトだが、後半にかけ乾燥した木材、金柑の皮のようなウッディさがある。

 

【フィニッシュ】
フィニッシュは暖かく、ビター。
樽感は重くなく、透明度の高い仕上がりだが凝縮感がある。

キレよく、余韻はミディアムショート。
わずかにワクシー、嫋やかな麦芽の甘みが儚く散る。

 

【総評】
―― 古書に囲まれ電話を待つ、ミステリアスな少女探偵 ――

ラベルとピタリと合う、妙味のある味わい。

固さはなく、注いでから数分で立体的な香味が楽しめます。
パフューム香はポジティブですがいます。苦手な方はお控えください。

開封15日程度でグアヴァや熟したイチジクのような濃厚なアロマへ変化。ややケミカルでインクのようなニュアンスもあり。
フィニッシュは暖かくキレあがりがよく、熟成度のわりにホイホイ飲めてしまうミステリアスなボトルです。

ストレートで楽しんでいただけますが、温度40度程度の「ホットウイスキー」が抜群においしいです。
これからの寒い季節におすすめいたします。

 

オーツカ

謎多きモルトの割に、そこそこお値段が張りますので、今回は複数の方に飲んでもらってテイスティングコメントを書いていただきました。

古谷さん

【香り】
フローラルで熟したパパイヤを感じる。

他にも、ザッハトルテ、チョコレート、ココア。

【味わい】
バター由来のオイリーさがあり、木なりの葡萄、若いプルーン、かすかに杏子。
余韻のキレがよく、粉っぽい渋みがフィニッシュにある。

まずは余計な加水はせず、じっくり香りがひらくまで待ちましょう。
強くスワリングすると、パヒュームなど個性の強い香りで繊細な香りが覆われてしまいます。
スワリングなどで無理に香りをひらかせない方が良いと思います。

酒屋BARレモン・ハート店主 古谷 陸

夜久さん

【香り】
穏やかに始まり徐々に強くなる。
弱いグラッシーさとフローラルさが先行し、スミレ、ラベンダー、シトラス。
そこからゆっくりとクレームブリュレ、麦芽の熟成感と甘いフルーツ香が現れてくる。
アプリコット、パイナップル、青リンゴ。

【味わい】
口当たりは度数より優しい印象。
レモンキャンディ、乾いたウッディネスの収斂、穏やかにパイナップルと熟成感。ボディは中程度で、そのまま余韻に移行する。

【余韻】
バーボンカスクを思わせる乾いたウッディネスの収斂を引き継ぎ、ゆっくりとキャンディ、青リンゴが帰ってくる。僅かに生姜と白胡椒のスパイス感。

 

このボトルは加水したほうが断然美味いと感じました。加水によって乾いた樽感からハチミツとオレンジが立ち現れてきます。
なので加水もコメントしておきます。

 

【加水】
ストレートと比べると乾いたウッディネスから蜂蜜とオレンジピールのニュアンスが立ち現れてくる。
ややアルコールも立ち上がるが、ゆっくりとオレンジクリームも現れる。ボディも崩れない。

ドリンカーズラウンジ 夜久 宜滋

滝さん

【香り】
アルコールの強さを感じさせない穏やかな立ち上がり。

オイリーなイメージの中にシャンプーのようなパヒューミー。りんご、ピーナツバター。時間経過でミルクプリン。
弱く金属、ドライフルーツ。かすかにマウンテンデュー。

【味わい】
おだやかでとてもきれい。
ミルキーさに加え、バターのようなクリーミーな側面が強いからか、パヒュームはポジティブに感じる。

切れ味は心地よく軽快。
フィニッシュはあっさりしているが、長熟の深みが芯に宿っている。

ひとくちウイスキー店主 滝 駿介

ラベルデザインは「今井喬裕」氏

今回のラベルデザインも第一弾同様、今井氏に担当していただきました。

次世代を担うアーティストとウイスキーボトルのシリーズをつくれてとても光栄です。

なおタイトルの「ティル・ナ・ノーグ(チールナンノク)」は、ケルト神話に登場する楽園の一つで「常若(とこわか)の国」 と呼ばれています。
ティル・ナ・ノーグには妖精が棲んでいるほか、不思議の「りんご」の木、食べても生き返る「豚」、永遠の若さを授けるゴブニュの饗応がある場所とされています。

ちなみにマグ・メル(Mag Mell)もケルト神話に出てくる楽園で、病気も死も存在せず、永遠の若さと美しさを保つことができる土地とされています。

オーツカ
ラベルを描いていただいた今井さんは2021年1月13日(水)~19日(火)まで「ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階 美術画廊」にて展示を行います。
(※作家来場予定日:1月15日(金) 13時から17日(日)18時まで)

このラベルの作品「Private Detective」も実寸サイズ(193.9cm×112.1cm)で展示予定です。
間に合えばボトルも展示予定らしいので、みなさまお時間があったらぜひどうぞ!

僕も最終日になっちゃうと思いますが、顔を出そうと思います~。

広告のデバッグ出力

広告がページに表示されていません

現在の投稿: プライベートボトル第二弾 Mag Mell/Tír na nÓg(マグメル/ティル・ナ・ノーグ), ID: 20043

広告: キキグラスPC (24131)
配置: キキグラスPC1 (%e3%82%ad%e3%82%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9pc1)

表示条件
アーカイブ: カテゴリー
広告wp_the_query
192term_id:
is_archive:


訪問者条件
type: mobile
operator: is_not


マニュアルで解決策を見つけます

販売のご案内

広告のデバッグ出力

広告がページに表示されていません

現在の投稿: プライベートボトル第二弾 Mag Mell/Tír na nÓg(マグメル/ティル・ナ・ノーグ), ID: 20043

広告: キキグラスPC (24131)
配置: キキグラスPC2 (%e3%82%ad%e3%82%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9pc2)

表示条件
アーカイブ: カテゴリー
広告wp_the_query
192term_id:
is_archive:


訪問者条件
type: mobile
operator: is_not


マニュアルで解決策を見つけます
ウイスキーマグメルシリーズ(ウィリアムソン、ティルナノーグ)
価格30,000円(税込 33,000円)
地域Highland
熟成年数27year
カスクタイプSecret
度数57.3%
容量700ml

 

一般販売は12月20日(日)19:00より開始

 

この商品はお一人(一店舗・ご一家・一配送先)様につき2本までとさせていただきます。

 

※販売は酒屋BARレモン・ハートさんに委託しております。重複しての複数のご注文等は照合の上、弊社の判断にて全てのご注文をキャンセルとさせて頂く場合がございます。

プライベートボトル第二弾 Mag Mell/Tír na nÓg(マグメル/ティル・ナ・ノーグ)

今回はシークレット要素の強いボトルとなりましたが、ウイスキーを飲みなれている方はわかることでしょう。
値段も味わいもやや玄人向けになったかなと思いますが、トータルでバランスが良く、この味わいは個人的にもとても評価しています。

そして前回のリリースから始めた「現代画家×ウイスキー」というラベルスタイル。
これまでのプライベートボトルにはこういった前例が少なかったからか、昨年は本当に多くの反響をいただきました。

呼び水になったかはわかりませんが、2020年は次々とアーティスティックなウイスキーボトルが登場し、これまで以上にウイスキー界隈が活気づいたように思えます。

味はもちろんのこと、ビジュアルも美しいボトルが増えるのはとても素敵なことだと思います。

僕もこれからはより多角的にアプローチを続け、全くウイスキーを知らない方にも反響を伝えられるような仕掛けをしていきたいと考えています。

オーツカ
今回リリースするボトルが色々なバーに置かれ、みなさまのお口に運ばれることを祈っております。

来年はボトル以外もリリース予定です!お楽しみに。


「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!