ウイスキーの格安試飲通販ショップ

グレンアラヒーがパッケージを刷新!ちょっとスマートなデザインへ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

スペイサイドにあるグレンアラヒー蒸溜所が新しいビジュアルデザインを公開しました。

デザイン担当したのは、スコットランドのデザイン会社、『スリーブランド』。

新ビジュアルは、グレンアラヒーが初めてコアレンジを発表した2018年から、これまでに至るまでのブランドの進化を表しているとのこと。蒸溜所の特徴的な形と、ブランドの成長を象徴する右斜めの要素を取り入れ、個性と視覚的な魅力を加えています。

パッケージの素材にはサスティナブルを意識した未塗装紙、黒色と金色の箔、特注のエンボスボトルが使用されています。

このパッケージのアップデートは、ブランドメッセージの刷新と同時に行われました。

新ブランドメッセージは「whisky in good hands」。
マスターディスティラーである、ビリー・ウォーカー氏率いる専門家チームを讃えるキャッチフレーズです。

マーケティングディレクターのコレット・サベージ氏は以下のようにコメントしています。

「新パッケージへの刷新は、グレンアラヒーの見た目を現代的にすることと、商品のクオリティに合わせ、ボトルそのものも洗練させることを目指しています。世界中でグレンアラヒーへの需要が高まる中、ブランドの信頼性を高め、グローバルな視覚的魅力を強化するために、この変更が必要でした。」

今後「ウッドコレクション」という一つのシリーズで統一され、まず主力商品(コアレンジ)である10年、12年、15年、18年が先にパッケージ刷新。
30年ものなどは次月にリリースするとのこと。

オーツカ
これまでのものと比べると、かなりスマートなデザインになりましたね。サスティナビリティを意識しているイメージはバシバシ伝わる。





最高品質のショットグラスで刻む、至高のウイスキータイム。

ウイスキーブランドKYKEYの新作は時代を超える「ショットグラス」。レッドクリスタルでつくられたその造形美と機能美を確かめて欲しい。