ウイスキーの格安試飲通販ショップ

キリン「陸」が大型リニューアル、17年ぶりにTVCMもやるようです

キリンの「陸」が大型リニューアル、17年ぶりにTVCMもやるようです

キリンビールが、事業戦略および、同社の国産ウイスキーブランド「陸」のリニューアルを発表しました。

キリンビールの2021年における国産ウイスキーの出荷売上高は、市場の前年比見込みが92%のところ、同社の国産ウイスキーは93%。

「陸」は配荷店が7,200店増、販売数量は前年比17%増。これを受けて、ミドル・スタンダードの「陸」の大型リニューアルを行うようです。

中味・パッケージリニューアルは4月5日

4月5日に「キリンウイスキー 陸」がリニューアル発売されます。

アルコール分は50%で、サイズは500mLびんと4000mLペットボトルの2種(4000mLペットボトルは4月上旬から順次切替)。

 キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所の多彩な原酒を主体(一部海外原酒使用)としたブレンドにより、「ほのかな甘い香りと澄んだ口あたり」「何層にも感じる香味豊かなおいしさ」を強化。

またユーザーからの評価は高い一方、ブランド認知度の低さが課題となっていることを受けパッケージも変更するようです。

「陸」のロゴを大きくし、金帯や富士御殿場蒸溜所のマークをあしらったウイスキーらしいデザインにすることで、ブランド認知や識別の強化を図るとのこと。手に取りやすく、親しみやすいデザインを追及したそうです。

17年ぶりのTVCMを実施

リニューアルにあたり、TVCMを実施する予定。

キリンの国産ウイスキーとして17年ぶりらしく、サンプリングや料飲店を通して50万人規模の飲用体験を創出する予定とのこと。

SNSなどを中心に1億リーチを目標に30~40代のライトユーザーの生活導線に入るようなコミュニケーションを取っていくといいます。

オーツカ

陸はソーダ割やロックがおいしくて、とてもコスパのたかい常飲ウイスキー。

その反面、パッケージがドチャクソにダサくて、愛好家たちもデザインに関しては渋い顔してましたもんね。

良い結果を期待します。




「ショットグラスの有用性」とは?

ウイスキーブランドKYKEYの第二弾グラスは「ショットグラス」。その造形美と機能美を確認して欲しい。