ウイスキーの格安試飲通販ショップ

飛騨高山の家具メーカー「日進木工」がウイスキー樽を開発

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

写真出典©飛騨高山蒸溜所Facebook

岐阜県高山市に拠点を構える家具メーカー「日進木工」が、ウイスキー樽を開発しました。

オーツカ
国内外で需要が伸び続けている樽。昨今はウッドショックなどにより価格が高騰しています。

飛騨木工と言えば、奈良時代に飛騨の木工技術者を都へ送ることを定めた「飛騨工(ひだのたくみ)制度」が有名です。
飛騨の匠たちは平安時代末期までの約500年の間、造都・造宮に従事しました。 その技術は、飛騨の地に受け継がれ、建物・高山祭の屋台、そして飛騨の家具などに受け継がれています。

「日進木工」は約80年前に創業した老舗で、オークやナラの木材を用いた220リットルの樽を開発しました。飛騨地方に伝わる「曲げ木」という技術を駆使し、木材を水や熱で精密に曲げることで、ウイスキー樽特有の気密性を確保しています。

ここ数年、ウイスキーの販売量が国内外で急増。特に輸出額は過去10年で約28倍に増加し、ウイスキー製造への参入が相次いでいます。しかし、日本国内では樽の製造が難しく、製造企業が限られている状況です。そんな中、「日進木工」がその一環として、樽事業への参入を決定。今年7月から180丁を目標に販売を開始しました。

「日進木工」社長の北村卓也氏は、「家具メーカーとしてたる事業に参入したのは、国内では初めてではないかと思う。これから国内の蒸留所を回り、海外との取引も視野に入れていきたい」と意欲的な姿勢を見せています。

オーツカ
飛騨といえば今年3月に開所セレモニーを行った「飛騨高山蒸溜所」がありますね。どうやら既に日進木工さんとパートナーシップも結んでいるようです。

ちなみにこの樽は「HIDA BARREL(ヒダバレル)」と名付けられ、飛騨地方で受け継がれる「曲げ木」の技術が活かされています。この技術は、木材を湾曲させ、一枚一枚精巧に組み上げることで、精度を上げ、漏れを防いでいます。

「日進木工」と飛騨高山蒸溜所が結んだこのパートナーシップは、ウイスキー産業における新たな可能性を切り開く一歩となるでしょう。

ユニークな家具作りの技術を活かし、ウイスキー樽製造への新たな一歩を踏み出した「日進木工」。その伝統と技術が詰まった「HIDA BARREL」はどんな味わいをウイスキーに付与するのでしょうか。楽しみです。





最高品質のショットグラスで刻む、至高のウイスキータイム。

ウイスキーブランドKYKEYの新作は時代を超える「ショットグラス」。レッドクリスタルでつくられたその造形美と機能美を確かめて欲しい。