ウイスキーの格安試飲通販ショップ

モラルタッチ・グローバル、1億ユーロ規模のウイスキー蒸溜所の買収に向け交渉を開始

マルタ共和国に本社を置くアイルランドの投資会社、モラルタッチ・グローバル社(Moralltach Global Plc)は、1億ユーロ規模のウイスキー蒸溜所と、ビジネスパーク買収に向けた交渉を進めていることを発表しました。

1億ユーロ規模って相当大きいですね。

「このプロジェクトは、長年の業界経験を持つステークホルダーに支えらます」と発表しているので、スタッフにはアイリッシュの有名マスターディスティラーなどを起用する感じでしょうか。

コンセプトは「畑から瓶詰めまで」。
何世代にもわたる農業の歴史から生まれた持続可能な農法で、原料から商品化まで最高の品質を保証する計画です。

蒸溜工程には自家栽培の大麦を使用する予定で、汁を取り終えた搾りかすである「ドラフ」は農場の家畜の餌の一部となります。
そして大麦の栽培には、家畜のフンなどを含む堆肥が使われ、 農場の新鮮な水は蒸溜所に送られます。

地元の人々の手によって、調和のとれた熟成された真のウイスキーを作るというテーマのようです。

蒸溜所は、環境への影響を最小限に抑える持続可能な生産サイクルなど、環境・社会・ガバナンス(ESG)の原則に配慮したものとなり、ウイスキーツアーや試飲を実施し、地元に新しい雇用を創出し、毎年最大で5万人の新規観光客を獲得できると見込まれています。

アイリッシュも新興蒸溜所建設が続々発表されています。
期待値は高いですが、やはりサスティナブルをキーにすると、どこも似たり寄ったりになってきますね。

差別化も重要なポイントなように思えます。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!